今年も大変お世話になりました
こんにちは。いつも生きるアシスト.comをご覧いただき、ありがとうございます。

今日は2014年12月31日です。そして明日は2015年となり、生きるアシスト.comも5年目を迎えます。5年目ですので、ひとつの節目となりますが、とくになにかする予定はありません。新たにやりたいことはひとつありまして、セーフティーネットの一覧表を整備できればと、思っています。失業したり、病気になったりと、いつどうなるかわからず、それは突然やってきます。そこで活躍するのがセーフティーネットです。さまざまな国や自治体からの支援制度がありますが、残念ながら、日本の場合は困ったからといって、手を差し出してくれません。それら制度のほとんどが、申請して初めて、支援が受けられます。だからセーフティーネットの中身を知らないと、生活が違ってきます。最後のセーフティーネットの生活保護制度を利用せずとも、知っていればなんとかなるものです。いよいよだめなら、生活保護を利用しましょう。是非ともそうしてください。恥ずかしいとかは思う必要はありません。
利用の際はいろいろと制約があり、嫌な思いもするでしょうが、日本には憲法25条で最低限の文化的な生活を保証してるので、みんなで利用することで、あたりまえなものとしていきましょう。日本の捕捉率は低く、まだ受けるべき人が受けていない状態なのは残念でなりません。来年の4月から生活困窮者制度が施行されるので、各自治体によってもまちまちとなるでしょうが、本当に困窮者の立場にたった支援となり、日本の貧困率が下がることを期待しています。同時に積極的な生保の利用も期待しています。妙に生保の砦になることだけは避けてもらいたいと、強く思う次第です。

今年と言えば、、なんといってもサイトをリニューアルできたことにつきます。
以前のサイトは何がどこにあるのかもわからない、見にくいサイトでしたが、それもなくなりすっきりしたサイトになったおかげで、閲覧数は訪問者も増えました。皆さんからみれば、まだまだなとの声も聞こえています。
もちろん、私達もまだまだと感じていますが、すこしでも皆さんのお役に立ち、愛されるサイトにしていきます。
それから、スマホやタブレット対応になったことも見逃せないリニューアルでした。私はタブレットとスマホを常に携帯してますが、外でも仕事ができ、自由にサイトを閲覧できるよになって、非常に助かっています。
それは皆さんにとっても便利になったと思っています。
それに伴って新設した、命のSOSや東京都の炊き出し情報も利用率も増えています。どちらも利用率が増えることは素直には喜べない面もございますが、ひとりでも助かったと思えてもらえれば、本望です。どちらも皆さんのご協力なしには成り立ちませんので、今後とも他のものを含めて、どうぞよろしくお願い申しあげます。チラシなども皆さんによく利用して頂いていますが、地方でもすごく良いイベントがありますが、まだまだお知らせしていないイベントがありますので、チラシを送って頂くなど、お知らせ願えたら幸いです。

それから年末になってから、トップページの右サイドの一番下に皆さんから気軽に投稿できる伝言板を設けましたので、利用してください。名前もメールアドレスも記入する必要はありません。お返事できるかはわかりませんが、思うことがあれば、投稿なさって下さい。お役に立てることがあれば、努力していきますので。

最後に今年も大変お世話になりました。2015年も相変わらずお願い申しあげ、今年最後のブログとさせていただきます。皆様にとっても良い年になることをお祈りしています。
[PR]
by mothertoikiru | 2014-12-31 18:39 | 今年最後のブログ
<< イスラム国を許さない 安楽死でもなく、尊厳死でもなく >>