いのちのSOSに生活苦SOSが加わりました
今日は長崎原爆投下の日ですね。広島とあわせると、大変な人数の犠牲者をだしましたが、心らからご冥福を祈りたいですね。
今でもつくづくアメリカは非人道的な国だったことがわかりますが、けっして許してはならない行為だったと思います。

さて刷新されたいのちのSOSは、『「死が浮かんだ時のSOS』「赤ちゃんの命を奪ってしまう前のSOS」「育児放棄してしまう前のSOS」プラス「生活苦SOS」の4つの構成となり、大変充実したものになったと自負しております。

プラスした生活苦SOSの全国の社会福祉協議会一覧はまずは都道府県の社会福祉協議会があって、各市町村の社会福祉協議会がありますが、これまでは市町村がふくまれた全国の一覧表はなく、新たに作りました。また生活苦に関する相談窓口は都道府県別に、来年4月に、施行される生活困窮者法に先駆けて、網羅させました。自治体によってかなり差があるのには少々驚きましたが、施行されれば窓口も増えていくものと思います。

あとはこれらの窓口を遠慮なくご利用していただくことが、私達の願いです。
わざわざ遠慮なくとつけ加えましたが、どうも我々日本人は素直に助けてと云えない面があって、せっかくのチャンスを逃してしまうことです。その結果自殺に走ってしまう傾向があります。自殺に至らずに済んだ人は一応に「なんでもっと早くに助けを求めていれば」と口にするそうです。だからどうかお願いですから、「助けて」と声をだしてくださるよう、心からお願い申し上げます。それがいのちのSOSを作った私達の本望ですから。

[PR]
by mothertoikiru | 2014-08-09 19:33 | いのちのSOS
<< 安楽死でもなく、尊厳死でもなく 憲法記念日に思ったこと >>