大震災から3ヶ月
 未だ死者・行方不明者は併せて23000人以上。家族など大切な人をなくされた方と対面すらできず、毎日搜索されています当事者や関係の方々がいらっしゃるため、孤独と痛みの中をさ迷い、次の一歩が歩み出せず、今日という日をなんとかやり過ごすだけで精一杯かと思われます。
 私の住む東京では、震災から3ヶ月目といことで、各所で被災地や被災者を支援する集会や脱原発・反原発のデモなどがめじろ押しでした。参加者の中には福島や長野、関東の被災地から、東北からわざわざ駆け付ける人々もいらしているようでしたが、一方でその様子に見向きもしない方々も沢山おりました。私はなぜこんなにも東京の人たちが・・・否、日本人のその言動がなぜこんなにも分かつのだろうかと不思議でなりません。「がんばろう日本!」「がんばろう東北!」の下、みんなが一丸となっているかと思えますが、決してそんなことはありません。想いは案外バラバラです。これはいたしかたありません。自分が生きるだけで精一杯だからです。
 マザーテレサは、この国の不幸は無関心だと、来日された時に言ってました。私はこのときなんとすごい人なんだろうとひどく感心しました。貧困と共に生きるマザーとは言え、遠くの国に居ながら、よくそのような想像が働くものだと、ただただ感銘致しました。
 今の日本には新たに今回の被災者も含め、赤ちゃん、障がい者や病気の人、高齢の方など、もちろん健康な人もお金持ち?の方など、ひとりひとりが日本で、世界で生きています。生きるのをやめちゃう方もいます。私もあなたも、あらゆる人たちと共存しています。前に進むだけではダメですね。時には後退もよいではないでしょうか?一丸とならなくてもよいと思います。私もあなたも今を生きるしかありません。どんな生き方もOKです。その存在の重さははかりしれません。ですから、せめてもの、自らのその重さを自他ともにわかることができたらなぁと、常常考えています。
 抽象的で何を言ってるかわからない方々はお許しください。つまりせめて3.11は忘れないようにしていただけると、私が忘れられると私が存在しなくなるので、伴走していても、こちらの姿がみえないのではお話にならないということです。それでもわからない方にはごめんなさい。まだ私の考えがまとまっていないから伝わらないのです。
 みなさんがつながろうと、つながるまいと、生きるアシスト.comは必ずあなたと伴走(歩)したいと思っています。そしてあなたの存在の重さを感じ、誰かがあなたを忘れたなら、私達が想っていることを伝えられるサイトにできればと・・・努力していきます。人の命がお互いに見える化ができると素晴らしいですが、それには被災者の方はもちろんあらゆる人達とのご協力とご支援をお願いせざるを得なく、どうかよろしくお願い致します。最後に犠牲者への哀悼の祈りを捧げます。
[PR]
by mothertoikiru | 2011-06-12 03:16 | 東日本大震災
<< 義捐金付きの生きるアシストシー... フレーフレーネットについて >>